等級の基本知識~どういう時に等級が上がるのか下がるのかetc~

admin

自動車保険の保険料のベースとなるのが、ノンフリート等級です。
ちなみにノンフリート等級とは自らが所有・使用する自動車9台以下の契約に適用される等級のことで、法人などが営業車として10台以上の契約をする場合をフリートと呼び、別途まとめて契約することによる割引制度を設けて、等級制度を区別しています。
ノンフリート等級は1~20等級までありますが、初めて契約する場合は6等級から始まります。
なぜ、途中の数字から始まるかというと、契約期間中(ほとんどは1年)無事故なら1等級アップして保険料が割引になり、逆に一定の保険金支払い事故が発生した場合には3等級ダウンして保険料が割増になる仕組みがあるためです。
無事故なら保険料を安く、事故を起こせば保険料を高くする仕組みにより、安全運転を後押ししている制度ということができるでしょう。
この点、事故の多い1等級では64%もの保険料割増、逆に一番優秀な20等級では63%の割引となります。
なお、等級は保険会社を変更しても引き継ぐことができるのが基本です。
A社で10等級で1年間無事故なら、翌年B社に切り替えたら11等級で契約ができます。
そのための情報交換制度を設けて、保険会社はお互いに情報を共有しています。
たとえば、対人対物無制限、人身傷害5000万円、搭乗者傷害1000万円、車両保険一般型で保険料にどのくらい差が出るか、A社のケースで比べてみましょう。
年齢条件は全年齢補償、運転者限定なし、日常・レジャー目的とします。
6等級新規の場合309930円、20等級の場合105800円となります。
運転者限定なしの全年齢補償で試算したため、いずれも保険料は大きな額になっていますが、新規と20等級では同じ補償内容にもかかわらず、3分の1まで保険料が下がっています。
というわけで、安全運転を心掛け無事故で等級を毎年1つずつアップさせていくのが肝心です。
保険金支払事由には翌年の等級が1つアップできるノーカウント事故、等級据え置き事故、3等級ダウンする事故に分けられます。
ノーカウント事故は搭乗者傷害・人身傷害・無保険車傷害保険のみを支払った場合などです。
等級据え置き事故は車両保険で車の衝突や当て逃げ以外の災害などで保険金を支払った場合です。
3等級ダウン事故は、対人賠償・対物賠償・車どうしが衝突した場合の車両保険を支払った場合が挙げられます。