ロードサービスが気に入りチューリッヒに乗り換えました

admin

チューリッヒのロードサービス

003 (5)

自動車保険を選ぶ要素は色々あると思いますが、人によって違うことも確かです。
保険料を最大限重視する人、事故対応を重視する人、そしてロードサービスは保険料重視派、事故対応重視派どちらにも共通する自動車保険選択の重要な要素では無いでしょうか。
私は自動車保険の保険料が気になっていて、いい商品があれば乗り換えしようと思っていますが、ロードサービスは結構こだわります。
そんな中で、チューリッヒのロードサービスを発見したのです。
他の保険会社では30キロや50キロが主流では無いでしょうか。
それが、ここでは100キロまで無料なのです。
そして修理後家までの搬送費用は全額無料で距離に関係ありません。
そして、もし自身で引き取りにいく場合は、その交通費を全額負担してくれ、レンタカー費用は24時間無料、事故時の宿泊費は車に搭乗していた人全員分を負担してくれ、帰宅費用、目的地到着費用、それにもちろん軽作業もやってくれます。
チューリッヒの自動車保険は契約するとこのサービスが自動付帯するのです。
このサービスが気に入って乗り換え前提に見積もりしました。

結果保険料も安くなりました

DK164_L

私が乗っている車はスズキのMRワゴン、型式がMF21S、ノンフリート等級が12等級、免許証の色はゴールド、運転者の条件を30歳以上、本人配偶者限定にして車両保険は付けませんでした。
この条件で見積もりしたところ、対人対物無制限、対物超過特約が50万円付いています。
搭乗者傷害保険が1000万円、人身傷害が3000万円、これは車内外で適応されるので、そして契約者本人だけでなく、同居している家族も動揺に補償され、無保険車傷害が2億円、ファミリーケア特別見舞金特約が自動付帯されていて、補償内容は十分だと思いました。
この補償内容に、魅力満点のロードサービスが自動付帯されています。
そして保険料がネット割引、E割が加味されて、年払いで26670円になりました。
既契約の保険料が3万円台なので、かなりのコストダウンです。
それに、チューリッヒでは序古対応NO1の評価があります。
このことから私は更新時にチューリッヒに乗り換えしました。