充実したロードサービスが気にいってチューリッヒに乗り換えました

admin

ロードサービスが良いチューリッヒ

自動車保険は保険料が安いことが一番だと思いますが、それによって事故対応が悪いとなっては、それも困りものです。a0009_000128
しかし、自動車保険は事故よりもロードサービスを利用する機会のほうが多いのではないでしょうか。
キーの閉じ込めやパンクによるスペアタイヤの交換、それにガス欠、ドライブをしていると結構多くロードサービスを利用する機会があるといえます。
私は30代のサラリーマンで、今回の自動車保険の更新でチューリッヒに乗り換えました。
その大きなポイントはロードサービスが充実していることで、ネットで調べていて見つけたのですが、簡単な修理などが無料なことはもちろんですが、レッカー移動が100キロまで無料なのです。
他社の場合、最高でも50キロではないでしょうか。
そして、帰宅費用も宿泊費用も上限無しですが、自分で勝手には選べません。
チューリッヒが指示した交通手段、宿泊施設ということになります。
しかし、事故などで宿泊する時に余分な費用は必要ありません。
そして事故にあってその後の宿泊などキャンセルする場合があった場合、5万円を上限にキャンセル料まで支払ってもらえます。
このようにロードサービスが気にいって、実際に見積もりしてみました。

車両保険が付いても保険料は安い

私が乗っている車はホンダのフィットで型式がGP2,ノンフリート等級が11等級、ゴールド免許になり、本人配偶者限定にして見積もりしたのです。q (4)
対人と対物は無制限、人身傷害が3000万円で車内のみ、搭乗者傷害が1000万円、無保険車傷害が2億円、車両保険は限定カバー型にして保険金額が180万円、初回免責5万円、二回目以降10万円になりました。
身の回り品特約が10万円、これは車両保険では補償の対象とならない身の回り品の損害に対する補償です。
そしてファミリーケア特別見舞金特約が100万円、この補償は搭乗者傷害に上乗せして支払われる補償になります。
ネット割引が最大12000円を加味して保険料は年払いで38500円になり、車両保険も付いてこの保険料です。
保険料もロードサービスも気に入ったのでチューリッヒに乗り換えしました。