ブルー免許になったのをきっかけにチューリッヒに乗り換えました

admin

ブルー免許になり保険料が気になりました

昨年シートベルト未装着運転で捕まり、今回の自動車免許証の更新でゴールドからブルーに変更になりました。0-75
これによってそれまで車両保険を付けて6万円近く支払っていた自動車保険料が気になり、インターネットで一括見積もりをしてみたのです。
その中で2~3社の見積もりが興味を引いてネットで調べてみたところ、チューリッヒの自動車保険が保険料も車両保険を限定タイプにしたら4万円で済むことが分かりました。
そして、ロードサービスが他車と比べて格段に優れていることが分かったのです。
レッカー移動は100キロまでは無料になっていて、ロードサービスが良いといわれている他社は最大でも50キロ程度になっていて、帰宅交通費や宿泊費は制限がありません。
そのような事からチューリッヒで本見積もりを取ってみました。
私はホンダのステップワゴンに乗っていて、型式はRF1、ブルー免許で15等級になります。
私は53歳で家内は49歳になるので、運転者の年齢条件は35歳以上にして、本人配偶者限定にして車両保険は限定タイプにして見積もりをして見たのです。

保険料もリーズナブルです

対人と対物は無制限で、対物超過修理費用をつけて事故の相手の時価を越えた修理費を50万まで補償することになり、これによって示談交渉はもめることが少なくなると考えたのです。3-2
人身傷害は契約車両に搭乗中のみで5000万円にして、定額式の搭乗者傷害を1000万円付加することによって補償をグレードアップすることにしました。
他車運転特約は自動付帯で、無保険車傷害を2億が付加されています。
車両保険は230万円の保険金にして、限定タイプにしたことによって自損事故や当て逃げなどの場合は保険の対象になりません。
車両保険に身の回り品特約を10万円セットすることによって、盗難に対しても対処できることになります。
この補償に、充実したロードサービスは契約者全員に自動付帯になっていて、保険料は年払いで42890円になりました。
ブルー免許になって保険料を心配しましたが、チューリッヒに乗り換えしたのでむしろ保険料は安くなりました。