RAV4が安い!東京海上日動で乗り換えたら更なる割引があった

admin

自動車保険の更新をこの間したのですが、今回は以前からずっと同じ保険会社で契約していたのを見直そうといろいろな会社から見積もりをとって検討してみました。
以前から取引のあるディーラーが保険会社の代理店という事でいろいろと見積もりをしてくれたのです。
そのなかで保険料が安かったのが、東京海上日動のトータルアシストという主に自家用車の為の自動車保険でした。
東京海上日動といえば有名な大手の損害保険会社ですね。
そんな大手の会社は保険料も高いのだろうと勝手な考えを持っていたので、ディーラーが扱っている保険会社の中では一番保険料が安かったのは意外でした。
一番割高な保険会社と比べて約1万円近く違うのです。
代理店に話を聞くとその人の保険の条件などによって一番安い保険会社は違ってくる場合が多いのだとか。
ともあれ、保険料は安くなるし、会社の信頼度も高いし、今回の東京海上日動で加入する事にしました。
そこで、いざ契約となったのですが、その代理店から免許の色はブルーで間違いないか聞かれたのです。
何故保険に免許の色が関係あるのか不思議でしたが、そういえば今年免許証の更新でゴールドになった事を思い出しゴールド免許である旨伝えると、保険料がもっと安くなるんですよ、という思わぬ言葉を貰いました。
そして実際に試算をお願いしてみました。
うちの車はトヨタのRAV4。
18等級で35歳以上夫婦限定。
使用目的は通勤通学が条件です。
対人対物無制限。
人身傷害3000万円。
車両保険は車価105万円で車対車+A、免責1回目5万円2回目10万円の補償内容で免許証の色がブルーの時は53600円。
ゴールド時は48580円。
なんと5020円も安くなったではありませんか。
私は今まで免許証の色が自動車保険の保険料に影響するなんて知りませんでした。
よくよく話を聞くと、ゴールド免許という事は事故率が低いドライバーである事から、その分損害率も低くなり東京海上日動ではこのゴールド免許割引を適用しているとの事なのです。
ここで注意なのですが、あくまでもこの免許証の色は被保険者の免許証が何色かで判断されます。
ですので、家族限定にしていて、家族の中にゴールド免許保有者がいてもその人が被保険者でなければこの割引は適用されません。
被保険者は主に車を乗る人をするのですが、仮に夫婦で車に乗る頻度が半々の場合はゴールド免許保有者を被保険者にした方が保険料が安くなりますね。
こんな知識も知らなかったので知識を得られて良かったです。
そしてとりあえず、更新手続きもすみ一安心。
今回の更新で安全運転をしていれば保険料にも恩恵があるとわかりすごく嬉しく、得した気分です。