走る分だけのソニー損保に乗り換えしました

admin

ソニー損保で見積もりしてみました

a0022_000278私の場合車の使用は休日にドライブに行ったり、趣味の釣りに行ったりするとき使うくらいで、後は家内が時々買い物に使用するくらいで、年間5000キロも走らないと思います。
そのことから走るだけの保険料で良いというソニー損保に興味を持ったので見積もりしてみたのです。
その時点まで加入していた自動車保険は代理店型の保険で、それに車量保険もつけていたので年間の保険料が5万円を超える金額でした。
キューブの型式はZ12でノンフリート等級が13等級、ゴールド免許、運転者の年齢条件を30歳以上にして、本人配偶者限定で見積もりしたのです。
対人・対物は無制限で、対物の中に対物超過が自動付帯しています。
人身傷害が車内限定で3,000万円、無保険車傷害が無制限で弁護士費用は付加しません、その代わり車両保険を付けましたが、一般型ではなく自損事故は補償しないエコノミー型で保険金額が115万円でした。
そのほかでは他車運転特約は自動付帯されています。
その結果、保険料が年間35,380円の一括払いです。
この結果、保険料が15,000円以上安くすることが出来ました。

補償内容とサービスが充実している

a1180_009710見積もりした結果、思いの外保証内容が良くて保険料が安くなったということで、保険料が安くなり補償内容が同じであれば、保険料の安い自動車保険に乗り換えてしまうのは仕方がありません。
確かに自動車保険は、保険料だけでなく、事故処理能力なども問われますが、ソニー損保はその点でも24時間体制で事故受付をしてくれて、安心することが出来ます。
それに、ソニー損保のロードサービスがとても良いのです。
レッカー移動は50キロまで無料で、ソニー損保指定工場までなら無制限で移動することが出来、事故先の宿泊料金や帰宅するまでの運賃なども補償してくれるので、サービス満点といって良いでしょう。
私のようにあまり車に乗らない人に、それを保険料の要素にするしてくれるソニーは私のとってはありがたい保険会社です。