走行距離区分でお得なソニー損保に乗り換え

admin

あまり使わない車の維持費削減を検討

DS053_Lわたしは40代の会社員です。
車は持ってはいますが月に数回しか乗らない、典型的なサンデードライバーで維持費を負担に感じるようになってきました。
といって手放してしまうのは気が進みません。
そこでいろいろ見なおしてみようと考えてまずは任意保険の見直しや乗り換えを検討しはじめました。
まず頭に浮かんだのが、ソニー損保です。
走行量に応じた保険金という売り文句を思い出し、年間走行距離が短い我が家にぴったりではないかと思い、見積もりをしてもらうことにしました。
見積もりはインターネット上で必要事項を入力するだけなので、とてもラクでした。
深夜でもおかまいなしに見積もりができるのでありがたいです。
また、そのままインターネットで申し込みをすれば8,000円の割引がつくのも魅力的でした。

大満足の削減成果

ID-10061158わたしは40代のゴールド免許持ちで、家内も40代です。
この二人しか免許を持っていないため、本人と配偶者のみに運転者を限定しました。
車は平成19年もののトヨタ・パッソで、数年前に中古で手数料などもろもろ含めて50万円以下で購入した代物です。
走行距離はたいしたことがないものの、いろいろなところにガタがきています。
万が一廃車になってもあまり困りませんし、車両保険はつけないことにしました。
運転歴はけっこう長いのでノンフリート等級は19等級にまできています。
契約距離区分は一番短い、3,000km以下としました。
計算してみると昨年は1,000km程度しか走っていなかったため、余裕でしょう。
なんとなくディーラーに言われるままつけていた各種特約も見直し、対人対物無制限で特別な特約はなしというほとんど素に近い設定で見積もりをしたところ、もろもろの割引を含めて16,280円という結果がでました。
これは以前より一万円以上は安い結果です。
弁護士特約をつけても17,850円なので、もらい事故の示談交渉のために弁護士特約くらいはつけてもいいかな、と思いこの特約だけつけて、ソニー損保に乗り換えました。
来年以降もお世話になろうと思っています。