もっと早くソニー損保に乗り換えれば良かったと思うくらいです

admin

走る分だけの保険料という合理的なシステム

ホンダのフィツトを購入したのが3年前です。c365ccbbc823c650c50bd2b67b26db62_m
それまでお世話になっていた代理店で引き続き自動車保険の契約をしたのですが、いま思えばあの時点で通販型のソニー損保に乗り換えていればずいぶんお得だったでしょうね。
そう思うくらい今回の乗り換えでコストダウンが実現したんです。
ここ1、2年で通販型の自動車保険もだいぶ知られてきましたが、3年前はまだ私の回りでは利用者がいませんでした。
それに、自動車保険は補償内容が同じなら保険料がそんなに変わるはずがないし安すぎるのもかえって心配、という単純な思い込みもあったんです。
よく考えたら、通販型は人件費がカットされる分保険料が割安になるわけだし、ソニー損保の走る分だけの保険料というシステムもとても合理的といえますよね。
ともあれ、ソニー損保に乗り換えて3割も保険料が安くなったんですから大正解でした。
私が保険を乗り換える際に見積った内容をご紹介します。

ソニー損保ならではのサービスも

車はホンダのフィツトで型式はGP2、ノンフリートは16等級でゴールド免許です。
AU110_L週末しか運転しないので年間の走行距離は3000kmもいきません。
私は35歳で、この車は私以外は運転しないので本人限定、30歳以上補償となります。
補償は対人対物が無制限、人身傷害は車内のみで3000万円、無保険車障害は無制限です。
車両保険は安心の一般型で保険金額は165万円、他車運転特約が自動付帯になります。
その他の特約は付けずにとにかく保険料をスリムにすることをメインに考えました。
インターネット割引やゴールド免許割引、本人限定割引など多彩な割引サービスがあるのは嬉しいですね。
この内容で、年間保険料は37180円になりました。
車両保険が付いてこの金額は安いと思います。
標準で付いてくるロードサービスの内容も充実しているし、ソニー損保の契約者専用サービスのクラブオフサービスも旅行やグルメに使えそうで楽しみです。
友人にもソニー損保をすすめたくなってきました。