価格が安くて家計が助かるソニー損保へ乗り換え

admin

自動車保険は難しくない

自動車保険を考えるとなると、多くの方が何から選べばいいのかわからずに、結局人にすすめられたものに加入する人が多いです。a0002_010373
そんなことをいっている私もその中の一人でしたが、あまり難しく考えすぎずに、安全を購入するためにはどれを選べば安心かな、という風に考えるようにしたらうまく選べたので、皆さんもそのように考えてみてはどうでしょうか?
そうすれば考えるのが面倒だな、と感じている人も「安全のためだ」と、真剣に選ぶようになると思います。
「相手方への補償」「物への補償」「自分や同乗者への補償」「その他の補償」と、ポイントポイントに分けて考えていきました。
グループ分けして考えてみると、どれを一番に重要視しなければいけないのか、自然と分かってきて、スムーズな保険選びができたのです。
私は相手方や物に対する補償を重視していったのですが、優先順位をつけて補償の手厚さなどを考えていったので、自然と自分に合った補償内容が選べたのでしょう。

簡単に選べるから便利

ソニー損保では補償内容をグループごとに簡単に選んでいけるので、乗り換えるプランを考えるのも簡単で、現在私は31歳、トヨタのウィッシュに乗っています。a0006_000096
ノンフリート等級は17等級、ゴールド免許を持っていて、走行距離は1年間で7.000㎞以下、事故の経験はありません。
運転者は私だけですので、本人限定をつけ、相手方への賠償補償のために対人・対物賠償はもちろん無制限でつけ、対物超過も付けました。
自分や同乗者のためには、車内+車外補償型で3.000万円、車両保険は一般型で105万円にしていますが、免責金額を5-10万円にしているので万が一の時にはこの金額を支払う必要があるでしょう。
しかしその分保険料は下がります。
その他の補償としては自動車事故弁護士費用特約と、他車運転特約を付けました。
気になる保険料ですが、1年間で45,010円という安さです。
ソニー損保は走る分だけの保険料にできるため、無駄がないという印象で、とても好感を抱くことができ、乗りかける保険会社に選んでよかったと思います。