30代でも安いセゾン自動車火災に乗り換え

admin

自動車保険で幼い子供の補償も見積もりしてみました

0-42 (3)

昨年トヨタアクアの新車を購入しました。
昨年は既契約をそのまま車両入れ替えで継続していましたが、今年は保険料を安くしたいと思って色々調べてみたところ、その中でセゾン自動車火災の自動車保険に興味を引かれたのです。
その理由は、まずは保険料が安い、ネット割引の1万円、自由に補償内容が選べる、保険料の内訳がはっきりしていてよく理解できる、そして基本補償がトリプル無制限などが興味を引きました。
私は38歳なので、40代や50代のドライバー同様に自動車保険が安くなるのではと思い、また子供がまだ小さく、自動車保険で補償が可能なのではないかと思い、個人賠償責任や家族思いやり特約などで補償を手厚くしたのです。
このような理由から、セゾン自動車火災でまずは乗り換えを前提として見積もりをしてそれを良く精査して、問題が無ければ決めようと思っていました。
保険料が安くならなければ、乗り換えする意味がありません。
そこでまずは見積もりをしてみました。

やはり保険料は安く、子供の補償もできました

0-26

私の車はトヨタアクア、型式がNHP10、ノンフリート等級が9等級、ゴールド免許、本人・配偶者限定、車両保険は付けないで見積もりしてみました。
基本的補償の、対人・対物、無保険車傷害は無制限、人身傷害が社内外を問わず補償され、搭乗者傷害、弁護士費用特約、そしてロードアシスタンスが吹かされた見積もりで、尚且つ子供に対する補償として、家族思いやり特約、個人賠償責任を付け加えて保険料が28120円になり、この価格は、ネット契約割引、ハイブリッド割引、ゴールド割引、新車割引、証券不発行割引が反映された保険料で、保険料が既契約を更新するより12000円安くなったのです。
家族思いやり特約とは、自動車事故によって契約者が死亡あるいは重度の障害になったときに保険金が家族に支給される特約で、個人賠償とあわせて、家族に対して十分な補償を得ることが出来ました。
保険料がかなり安くなって我が家にとって十分な補償もつけることが出来、この見積もりから、セゾン自動車火災の乗り換えしたのです。