セゾン自動車火災での乗り換え設計と保険料

admin

自分の補償は自分で

p (8)現在エスティマをレジャー用に使用しています。
レジャーといってもそれほど遠出もせず、あと週に何回か近くのスーパーまで妻が乗るくらいなので、年間走行距離は5000キロ以上10000キロ未満というところでしょうか。
来月自動車保険が満期を迎えるので、乗り換えを検討しています。
そこで気になったのが、セゾン自動車火災のおとなの保険という自動車保険です。
よく広告をテレビでもネットでも見かけるし、インターネットでの申込み、継続が1万円引きになるというのも大きな魅力のひとつです。
実際、見積もりをしてみましたが、解説も丁寧で分かりやすく迷う事なく入力できました。
更に保険内容や保険料を見ながら自由にインターネット上で設計できるので、自分が納得いく補償や保険料での自動車保険をつくる事ができたのです。

設計いろいろ

1 (7)まずは、35歳以上本人夫婦限定、ゴールド免許、という運転者の設定項目を入力。
あとの条件は13等級で走行距離が5000~10000キロそして、提案されたプランが、対人対物、人身傷害(3,000万円)ロードアシスタンス特約、弁護士費用特約をいれて、24,130円でした。
ここから、自分で保険料と保険料を見ながら設計していきます。
車両保険はもう車も古い事ですし、保険料が高くなる事を考慮して、今回ははずそうと思っていたのでそのままプラン通りで大丈夫です。
傷害保険は提案にはつけられていなかったのですが、8割以上の人がつけているようなので、事故の際入通院時に一時金がでるように特約をつけると530円アップです。
あと、つけていた方が良いという対物全損時差額修理費用特約(事故時に相手の車が古い場合、時価と賠償限度額に差がある時に一部補てんする特約)をつけると170円アップ。
こんな感じで、この補償をいれればいくらの保険料になるか、この補償はどういうものなのかなど、見積もりをしたからこそ知りうる情報がてんこ盛りでした。
そして、初めて自分で見積もりをした保険料が、24,830円。
こんなに安いのなら乗り換えは決定ですね。