補償がそろっている日新火災に乗り換えした

admin

生活環境の変化で補償を手厚くしました

a0006_001340

私は都内在住の29歳のサラリーマンですが、今年新車を購入して、その時に自動車保険を日新火災の自動車保険に乗り換えをしました。
結婚2年目になりますが、家内の妊娠を知り、その時に車の車両保険や運転者の条件、それに人身傷害やドライブをした時のサービスを充実させたいと思って、色々探してみましたが日新火災が一番私の条件にあっていたので見積もりして決めたのです。
車両保険には新価特約をセットして、全損したときに新たに車を調達したいと考えました。
それにこれまでの運転者の条件は26歳以上、本人限定でしたが、本人配偶者限定にしたいと思っています。
そして子供が事故に遭ったりする時の事を考えて、手厚い補償にしたいのです。
日新火災の代理店に電話をして、その条件は、トヨタのアクア、型式がNHP10、ノンフリート等級が8等級、ゴールド免許、運転者の条件が26歳以上、本人配偶者限定で、一般車両保険をつけて見積もりしてもらいました。

日新火災の自動車保険で安心を買いました

b (57)

対人対物は無制限にして、人身傷害は車内外を問わない補償にして5000万円、車両保険は限定型ではなく一般型を選んで、そこに車両新価特約と地震での損害費用を50万円を限度として補償してもらえる特約を付けました。
これで車両の損害が、自損事故であっても補償され、尚且つ全損の場合は新車を購入でき、地震の損害にあった場合は買い替えの費用まで補償してもらえます。
また、事故時の宿泊費などを補償してもらえる特約をセットして、且つ、ロードサービスや人身傷害をセットしたので無保険車傷害が自動付帯して他車運転特約も自動付帯です。
このような手厚い補償の保険料が年払いで、94830円になりました。
少し保険料が厳しかったので月払いにして、毎月約8000円を支払うことになったのです。
日新火災は事故対応の評価もかなり高くて、この補償内容であれば遠隔地にドライブしても安心してドライブを楽しめます。
このように気に入ったので、日新火災に乗り換えしたのです。