保険料を抑えて日本興亜損保へ乗り換え

admin

まだ若いから保険料が高いのが悩み

b (53)

僕は今24歳で車はトヨタのオーリスに乗っています。
今回の更新で8等級になったばかりですし、まだ年齢も若いので自動車保険の保険料が高いのが悩みです。
運転していて気になるのは事故を起こして相手を死傷させたり、相手の自動車等を壊してしまったときのこと。
そして、自分や同乗者がケガを負った場合です。
まだ結婚していないので自分が死んだ場合より、大けがで車椅子生活になるなど後遺障害を負ったときの不安がたえません。
そのため、対人賠償と対物賠償は削りたくないし、自分の補償も削りたくありません。
その結果、保険料の負担を軽くするには車両保険をなくすといった選択肢が考えられるでしょう。
ただ、保険料は安くなるものの、いざ自損や当て逃げとかにあったら自費で修理費用を負担しなければなりません。
廃車になったら全額負担です。
それを考えると、多少の保険料の高さは仕方がないかなとも思ってしまいます。
今回乗り換えるにあたっても、散々悩みました。

納得の保険料と頼れる事故サービス

a0990_000193

条件は日常レジャー使用、免許はブルー、21歳以上補償の本人限定です。
対人対物無制限、人身傷害5000万円、車両保険なしのプランだと81710円、これに車両保険の一般型(車両保険金額95万円、免責額初回5万円、2回目以降10万円)を付けると135840円となりました。
その差額は54000円ほどあります。
免責額を踏まえると車両事故で10万円以上の損害が出れば、車両保険付にしたほうがお得になるかもしれません。
悩んだ挙句、事故は起きないほうにかけ、81710円で決めることにしましょう。
今回、日本興亜損保に乗り換えを決めたのは、保険料に納得したのと頼れる事故サービスです。
24時間初期対応サービスに加えて、車両保険なしであっても、事故や故障で自力走行不能となった場合に100キロ以内の修理工場までレッカー搬送が無料であり、その際の宿泊や帰宅に必要な費用が一定額まで補償されると知り、乗り換えを決めたのです。