ロードサービスが魅力の三井ダイレクトに乗り換えしました

admin

三井ダイレクトは保険適用でなくてもアドバイスしてくれます

3-2 (2)

私はそのときまでは代理店型の自動車保険に加入していましたが、8月にネット通販型の三井ダイレクトに乗り換えしました。
そのときの話ですが、かねがね代理店型の保険料とネット通販型の自動車保険の保険料は違うことが分かっていましたが、ネット通販型でも保険料はそんなに安くないところもあるのです。
私が三井ダイレクトに目を留めたのは、保険料ではなく、専任の担当制でした。
それも保険適用にならない場合でも、例えば私が車に当てられて事故被害者になった場合は、契約している自動車保険は関係ないので何もしてくれないし、それは出来ないことになっています。
だから弁護士費用特約があるのです。
しかし三井ダイレクトは示談交渉は当然出来ませんが、専人制でアドバイスをしてくれるのです。
またロードサービスはサービス満点で、これならば現在加入しているJAFを解約できるのでは無いかと思って、見積もりがよければ乗り換えしようと思って見積もりしたのです。

三井ダイレクトは保険料も安いのです

0-29

私の乗っている車はトヨタのポルテで型式がNNP11、ノンフリート等級が12等級、ゴールド免許、運転条件は35歳以上、本人配偶者限定で、車両保険は無しで見積もりしました。
対人対物無制限、対物には対物超過費用特約が50万円を限度に付加されています。
搭乗者傷害が1000万円、人身傷害が車内外補償、また自損事故の補償を含めていて3000万円、無保険車傷害が2億、そしてロードサービスが自動付帯で、保険料が年払いで24520円になり1万円以上保険料が安くなりました。
もちろんその保険料にはネット割と証券不発行で4500円の割引が加味された保険料です。
ちなみに車両保険をつけた場合、この保険料の倍くらいになりますが、私に車の場合古いのでそれはつけないことにしました。
もし新車であれば三井ダイレクトの車両保険はおすすめです。
保険料が安くなり充実したロードサービスのおかげで、JAFを解約したら16000円程度のコストダウンになります。
迷うことなく三井ダイレクトに乗り換えしました。