保険料がお得な三井ダイレクトに乗り換えた

admin

お得な保険料と充実した補償を確認しました

a0011_000113最近のガソリン高騰は私たちの生活に大きな影響を与えています。
アベノミクスで企業は業績回復したかもしれませんが、私たちの給料は同じままです。
そんなことから車の保険も節約しなくてはなりません。
保険料が安く、補償が充実していて、事故対応が良い、このように3拍子そろった自動車保険を探さなくてはならないのです。
そんなことから、三井ダイレクトの自動車保険で見積もりしてみました。
私が乗っている車はホンダのフィット、型式はGE9、ノンフリート等級は16等級でゴールド免許、この車は通勤で利用しますが休日にはドライブなど楽しみます。
もちろん家内も運転するし、初年度登録も24年の1月という事で車両保険も付けるつもりです。
現在42歳なので運転年齢条件は35歳以上で、本人配偶者限定にしました。
年間の走行距離は昨年実績で1万キロ以内、出来れば特約などは最小限にしたいと思っています。
その結果、対人・対物無制限、対物超過費用特約が付帯しているので、いざという時の示談交渉はスムーズでは無いでしょうか。
搭乗者傷害が1,000万円、人身傷害が一般型で5,000万円、この一般型の意味は被保険者とその家族は社内外の補償で、それ以外搭乗していた場合のみ全員対象になる、という意味で補償範囲は広いと思いました。
それに、車両保険は保険金が135万円で、事故付随費用特約と身の回り品補償特約が10万円セットされています。
そしてこの充実した補償が、ネット割が4,000円証券不発行の500円の割引が利いて、保険料が36,640円の年払いです。
この見積結果を見て、三井ダイレクトの自動車保険に乗り換えしました。

サービスも充実しています

DK005_L三井ダイレクトの自動車保険は、ロードサービスも充実しているのです。
簡単な修理は現場対応してくれ、レッカー移動は30キロまで無料。
ガス欠に対しても2年目以降は10リッター無料になります。
そして、自宅から直線で50キロ以上はなれた所でトラブルになった場合、宿泊費が1万円をめどに、自宅までの交通費が2万円、車の移動費が10万円、そして12時間無料のレンタカーを手配してくれます。
こんな充実したロードサービスなので三井ダイレクトに乗り換えしたのです。