三井ダイレクトに乗り換えてみました

admin

ある日、保険の見直しを考えました

私は東京に住む48歳の会社員です。
GY128_L普段の車の使用は私の勤務地までの通勤や日常的な買い物などで使っており、日常的に車を使っています。
また今までに自動車保険に加入していたのですが、もっと自動車保険料を安く抑えることは出来ないものかと自動車保険を見直したことがあります。
価格も安く補償内容も自分にとって合っているものを選びたいですし、もし事故にあったことも考えて自動車保険会社は自分にあったものを選ぶ必要があります。
家族や会社のほうに迷惑はかけたくないですし、補償内容と価格の見直しと乗り換えも考えてインターネットで調べてみました。
そこで三井ダイレクトで見積もりをしてみたのです。

補償内容の充実と価格の魅力

また三井ダイレクトの魅力はインターネットで簡単に見積もりが出来ることだと思います。
見積もりをした際、ドライバーは48歳、ノンフリート等級が20等級、車種はトヨタのプリウス、ドライバーは本人のみの本人限定特約としての対象で条件を絞ってみたらいくつかのプランが表示されました。2 (19)
保険料が一年払いで人身傷害による補償額が5000万円となり搭乗者の傷害補償額は2000万円であり対物賠償金額が2000万円である26550円のエコノミープランにくわえて、対人対物においても賠償が制限無しの28950円のスタンダードプランのほかに、人身による障害補償額が1億円の家族障害特約がセットになっている36710円のプレミアムプランが提示されました。
この提示されたプランを見て私は驚愕しましたし、今までに4万5000円近く保険料を払っていたのものと比べてみたら補償内容の充実と保険料の安さに魅力を感じました。
これなら三井ダイレクトにしたほうが良いと思ったので、私以外に家族の人を車に乗せることを考えたうえでスタンダードプランを選択。
それに2000円を上乗せさせて車の搭乗者を補償してくれるものを付けて三井ダイレクトに契約しました。
いまでは三井ダイレクトに乗り換えて納得のいく契約だったと思います。