三井ダイレクトに乗り換えたところ、マークXプレミアムでも安くなりました!

admin

今まで適当だった自動車保険選び

僕は50代でトヨタのマークXプレミアムに乗っています。
免許はゴールド免許で等級も20等級なので、最近は更新のたびに色んな自動車保険を渡り歩いています。
最高等級で優良ドライバーとなれば、どこでも安いと思っていたからです。
三井ダイレクトに出会うまでは。
間違っていたのは更新の際の見積もりを適当に2社くらいして、どちらか安いほうに決めていたことですね。

三井ダイレクトで見積もってみると驚きの結果に

あらゆる会社を試してみるべきでした。
ただ、実は三井ダイレクトを見た時にゴールド免許割引がなかったんですよね。
珍しいなと思いましたが、それではツマラナイと思い、見積もりをしなかったんです。
今回、まだ見積もったことがないしとやってみたところ、驚きの結果が出ました。
他より断然安かったのです。
補償内容は対人・対物はもちろん無制限、人身傷害3000万円、搭乗者傷害1000万円、車両保険は一般型で保険金額は390万円、免責額は全て5万に設定しました。
等級は20等級、本人限定、35歳以上補償、日常・レジャー目的です。
これで年間保険料は47410円です。
インターネット契約割引4000円とeサービス割引500円が適用されているので、インターネットで手続きすることで、本来の保険料より4500円得していますね。
「これが!?」、です。
別の保険会社で、ほぼ同条件、ゴールド免許割引を適用して加入していたのは、保険料がなんと71130円だったのです。
この差は何なんでしょうか?保険料は事故率に基づく保険料と、経営コストや管理コストに基づくものとで構成されると言いますが、三井ダイレクトは相当、管理コストを抑えてくれている気がしてなりません。
もっと早く気づいていればなと思いました。

きちんと見積もりを取って探そう

20等級になると等級ダウン事故を起こさない限り、ずっと等級が維持されますから、実のところ選びたい放題なんですよね。
だからこそ、きちんとあらゆる保険会社から見積もりをとって、最大の割引が受けられるところを探さなくてはいけないと思った、今回の更新でした。