業務上使用・18等級で安い!三井ダイレクトに乗り換えて得しました!

admin

業務上使用も兼ねていると保険料が高い

私は千葉県内で和菓子屋を営んでいます。
親父の店を引き継いだのですが、地元では贔屓にしてもらっていて、弔事・慶事や季節のイベントなど大量に注文を頂くこともあります。
そのため2日に1回くらいは愛車で、和菓子や赤飯などを配達に行くこともありますし、材料の仕入れに車を利用することもあります。
ですので、車の使用状態としては業務上使用も兼ねています。
今どきのリスク細分型保険では日常・レジャー使用、通勤・通学使用、業務上使用という区分があって、業務上使用は一番保険料が高くなりますね。
自営業という仕事がら仕方ないのですが、保険料が安い区分の人が少し羨ましかったりします。
小さな和菓子店ですから、車は業務用とプライベート用を分けておらず、買い物や遊びに行く際は妻が運転することもあります。
40代の夫婦ですから35歳以上、夫婦限定にしていますね。
従業員はパートのスタッフが3名ほどいますが、配達に行かせることはないので問題はありません。

インターネット型の保険を探して三井ダイレクトに

少し経費を抑えたいと思い、自動車保険の更新にあたり、インターネット型の保険を探していました。
その中で安いと評判が良かったのが三井ダイレクトでした。
早速、見積もってみると確かに安いです。
業務上使用で18等級、対人・対物無制限、人身傷害5000万円、搭乗者傷害1000万円、車両保険(保険金額180万円、免責額1回目5万、2回目以降10万円)、事故付随費用補償特約と身の回り品補償特約(5万円)を付けて、年間保険料は64410円です。
いつもは80000円前後払っていたので、安いなと驚いたんです。
もっとも、契約したのは年間保険料65470円のプランです。
人身傷害を1億円にアップさせた内容で契約しました。
色々と試算していたら、わずか1060円アップで人身傷害を倍にできると分かり、その差で保険金額がアップするならと思ったんです。
死亡した際には生命保険もおりますが、事故で働けなくなるようなことになれば、自営業ですから社会保障が少なく不安が残ります。
人身傷害1億円は家族の安心のために必要ですね。