三井ダイレクトに乗り換えを考えている

admin

友人の話を聞いて興味を

016

車はスイフトを所有しています。
来月、自動車の任意保険が満期をむかえるので、今度は現在の保険会社と乗り換えを考えています。
その検討している保険会社とは三井ダイレクト。
この会社の保険に乗り換えを考えているのは、友人の影響からです。
友人と自動車保険の事を話している時に、保険料の話題になり、友人の保険料を聞いて安いので驚いたことが発端なのです。
今迄、インターネットで申し込める、ダイレクト通販型の自動車はあまり興味をもたなかったのですが、実際にこれほど保険料が安いと知り、俄然興味がわきました。
いろいろと調べると、更に興味が湧く事に。
まず、実際に加入している契約者からは保険料、補償、事故対応においてどれも評判がいいのです。
更に、自分的にいいと思ったところは、1事故専任担当制というところ。
事故対応は人身対応や対人対応、車両対応など、補償の対象によってそれぞれ担当者がいる場合の会社が多いのです。
こういう場合、事故が複雑だと、1事故でも事故担当者が何人もいることとなり、対応を何度もしなければならなかったりして煩わしい事にもなりかねません。
その点1三井ダイレクトの事故専任担当制なら、複雑な事故でも1人の専任担当者が対応してくれるので、ニーズにあった、細かい、スピーディな対応が期待できます。

実際の保険料、補償内容

DK029_L

自動付帯となっている、ロードサービス面においても充実しています。
事故または故障で車での自力走行不能な場合には、24時間365日すぐに現場に駆けつけてくれるので安心です。
更にに割引制度で、インターネットで契約すると保険料が4,000円割引、証券不発行なら更に500円割引、という事は合計4500円も安くなるです。
今回、実際見積もりをすると39460円でした。
21歳以上本人限定で通勤通学使用で見積もり。
等級は自分自身での保険加入は3年目なのですが、最初から以前家族がもっていた等級を引継ぐ事ができたので、今回は15等級が適用されます。
人、者に対する賠償の対物・対人賠償はもちろん無制限で。
自分自身のケガへの補償、人身傷害は3000万円。
人身傷害は、この車にのっている時のみの補償だと保険料が安くなるという事で、搭乗中のみタイプにしました。
車両保険は以前から付帯していなかったので、今回も保険料の節約の為に付帯なしです。
シンプルですが必要な補償はついているので、満足していますし、今回の保険料についても大満足。
以上により今回、自動車保険は三井ダイレクトに乗り換えをします。