サポートが嬉しい共栄火災へ乗り換え

admin

補償範囲外になってしまったら

b (35)

保険料を下げるために、いろいろと年齢条件や運転者限定特約を付けている人が多いでしょう。
セットすることで補償の範囲は限定されます。
車を利用する人全員を、補償範囲に含まれるようにしていたつもりでも、実はいつの間にかその条件から外れていた、例えば結婚して別居したというケースもあるはずです。
他にも加入時には補償範囲に入れる必要がなかったけれど、例えば子供が車を運転するようになり、自分が契約中の車を運転したところ、事故を起こしてしまった、でもまだ子供に合わせた年齢条件にしていなかったというケースもあるでしょう。
この場合保険金を支払ってもらえません。
ですが共栄火災では条件を満たしていれば保険金を受け取ることができます。
加入時に補償範囲だったという証明ができるものがある、免許取得日から30日以内で、なおかつ所定手続きを済ませている場合、などなど、それぞれに条件がありますが保険金を受け取るチャンスがあるため、これから先ライフスタイルが変わっていく人は、このような万が一の時の対応が充実している保険会社を選ぶと安心かもしれません。

安心のサポートに乗り換え

a0009_000145

現在ノンフリート等級が6等級、免許証はまだグリーン免許です。
愛車はセレナ(型式HFC26)に乗っており、事故の経験はありません。
走行距離は前年度6000㎞くらいでした。
車の利用目的は通勤のため、現在は19歳のため年齢条件を全年齢対象を選択して、私だけが利用するので運転者本人・夫婦限定を付けて乗り換えています。
対人賠償無制限、対物賠償無制限、対物超過修理費用を選択、人身傷害保険は3,000万円、搭乗者傷害の死亡・後遺障害時の保険金が500万円です。
一般の車両保険を290万円、免責金額を1回目5万円、2回目以降は10万円にしました。
これで保険料が少し下がったでしょう。
新車ですからとにかく車両保険の補償を充実させたいということで、買い替えの費用なども補償として付けています。
保険料は年間309,380円です。