安心重視で共栄火災に乗り換えしました

admin

共栄火災で見積もりをしてもらいました

1 (13)

自動車保険を考える上で、保険料の安さも大事ですが、やはり安心では無いでしょうか。
事故対処がよければ、いざという時にあわてないで済むし、安心してドライブを楽しむことが出来ます。
私はこれまで保険料を安くしたくてネット通販の自動車保険に加入していましたが、これまで事故を起こさなかったのでまったく問題はなかったのですが、しかし、もしものことを考えて今回共栄火災の自動車保険に乗り換えしました。
懇意にしている自動車修理工場が共栄火災の代理店している関係からで、その代理店の信用度をそのまま信用したのです。
ただし決める前に一応見積もりだけはもらってから決めようと思って、その代理店に見積もりしてもらいました。
店主が言うには、共栄火災は社慮保険に特徴があって、一般の契約では自損事故なども補償の対象になりますが、車対車に限定すると保険料が安くなり、またそれプラス3つの補償が選べるそうです。
まずは見積もりを出してもらいました。

保険料はかなり安い共栄火災

1 (24)

私が乗っている車は、トヨタのアクア、型式がNHP10、初年度登録が昨年の8月です。
ノンフリート等級は11等級で免許の色はゴールド、運転者の条件は35歳以上補償で、本人配偶者限定にして、車両保険を勧められましたが、一般の車両保険だと8万円以上になります。
保険料が8万円は少し厳しいので、今回は車両保険をつけませんでした。
対人無制限対物も無制限にして、対物超過費用特約は無しで、人身傷害が3000万円、搭乗者傷害の死亡保険金は無しにして、一時金の10万円だけです。
無保険車傷害が自動付帯で2億円、そしてその保険料が33960円の年払いになります。
少し思ったより保険料が安かったので、車対車Aの限定条件の車両保険を計算してもらったところ、保険料が75590円となり一般の車両保険の料金より安いのですが、やはり車両保険は付加しませんでした。
この見積もりが気に入ったので、早速その代理店に連絡して共栄火災に乗り換えしました。