代理店型の共栄火災に保険を乗り換えした

admin

事故対応が心配ない代理店型にしました

b (19)先月私が自動車保険をダイレクト型から代理店型の共栄火災に自動車保険を乗り換えたときの話です。
それまで自動車保険は保険料が安ければそのほうが良いと思っていました。
しかし友人の事故処理を見て考えが変わったのです。
自動車保険は何もなければ確かにコストとしてお守り程度でしょう。
しかしいったん事故になったらそう言ってはいられません。
初動の事故処理から示談交渉、そして示談書の締結まで息着く暇もないし、相当な不安とストレスを抱えることが友人の事故を見てそう思ったのです。
当該の事故処理がどのようになっているのか分からないと不安でしょうがなかったそうです。
今は、各社ホームページでそれを確認できますが、顔と顔をつき合わせれば解消するようなことかもしれませんが、それがないと不安になってくるみたいです。
そんな事から、私に家の近くに共栄火災の代理店があり、そこの店主とは顔なじみだったので共栄火災の見積もりを依頼しました。

見積もりがとても気に入ったので乗り換えしました

ID-100203290私は千葉県に住む47歳の会社員ですが、トヨタのヴィッツに乗っていてその車の型式はNCP91で平成20年登録になります。
ノンフリート等級は14等級で私も家内もゴールド免許で、そして今回18歳になる長女も車の免許を取ったので、運転者は家族限定にしました。
対人と対物無制限にして、対物超過費用をセットして、いざ示談交渉をするとき修理費用の点が問題になることを避けることが出来ます。
人身傷害は3,000万円にして、搭乗者傷害はつけませんでした。
ちなみに共栄火災にはペット補償特約と言う珍しい特約がありますが我が家にはペットはいないので付けません。
車両保険も付けましたが、保険料の関係で車対車+Aの限定タイプで、自損事故に関しては補償の対象にはならず、免責も5万円にしましたが、これによって保険料が安くなりました。
5万円くらいなら自分で支払えます。
そして車両無過失特約をセットして等級が下がることを防げます。
この見積もりがとても気に入ったので共栄火災と契約して、自動車保険を乗り換えました。