ロードサービスのゼネラリに乗り換えした

admin

ゼネラリで見積もりをしました

a0780_000181自動車保険を選ぶ要素は保険料や事故対応、それにロードサービスでは無いでしょうか。
どれか一つだけ良いというのではなく、全体的に整っているほうが良いと思います。
その中でゼネラリはネットでは保険料が安くてロードサービスが良いことで人気を呼んでいるのです。
特にステーションワゴンの自動車保険はかなり安くなるといわれています。
そんな事から、ゼネラリの自動車保険を乗り換え前提で見積ってもらいました。
私は30代のサラリーマンですが、家内は20代後半です。
そのため運転者の条件は26歳以上にして、本人配偶者限定にしました。
車はホンダのフィットで型式はGG8になり、ノンフリート等級は13等級、ゴールド免許で見積もりをしたのです。
対人と対物は無制限にして、人身傷害は5,000万円、そして自損事故保険が1,500万円、他車運転特約と無保険車特約が最大2億円になります。
そして、車両保険は150万円で、これは一般条件にしたので、自損事故でも補償されるのです。
そこに、弁護士比ゆ特約を付加して保険料が49,820円の年払いになります。

充実したロードサービス

a0001_003288補償自体シンプルですが、車両保険も一般タイプで4万円台で加入することが出来ます。
保険料は安いと聞いていたのですが、穂の見積もりはかなりのものです。
ゼネラリの契約者全員にロードサービスが自動付帯され、サービス後利用の際は事故・ロードサービス受付センターに必ず連絡して、ロードサービスの依頼をしてください。
その内容は、バッテリーあがり、パンク時のスペアタイヤの交換、鍵閉じ込め、このように30分程度の現場応急修理を無料でしてくれます。
給油サービスは保険期間内に1回限りで20リットルまで無料になっているのです。
緊急レッカーサービスは20kmまで無料になっていて、事故や故障の際に宿泊施設を紹介してくれます。
GPS緊急通報サービス、アフターフォローサービスでと宿泊費用サービスと帰宅サービス、それに車両運送費用サービスまで付いているのです。
保険料も安くロードサービスも気にいったのでゼネラリに乗り換えました。