サービス満点の富士火災に乗り換えしました

admin

富士火災で見積もりしてみました

a1180_009715

気動車保険を皆さんはコストとお考えなのでは無いでしょうか。
生命保険にありがちな積み立て形式の自動車保険など聞いたことがありません。
一年間事故もなく無事に過ごすことが出来たら、それはそれでOKなのでは無いでしょうか。
しかし、ロードサービスは結構利用する機会が多いと思います。
私もこれまで、バッテリー上がりと、高速でのオーバーヒートはあり、そのつどお金を払った記憶があるのです。
そんなことからロードサービスが良い、自動車保険がないものかと探していましたが、富士火災のロードサービスは高付加価値のサービスだと感じました。
そんなことから代理店に電話して、私の車の見積もり依頼をしたのです。
私はトヨタのアルファード、型式がANH20W、ノンフリート等級が12等級、ゴールド免許で、運転者の条件が35歳以上、本人配偶者限定、車両保険を車対車に限定タイプにして見積もりしてもらいました。
もちろんいい見積もりであれば躊躇なく乗り換えします。

サービスが充実していて富士火災に乗り換えしました

DK002_L

対人対物無制限で人身傷害が3000万円、相手車全損時臨時費用特約を付加して、弁護士費用特約を付けました。
弁護士費用特約を付けると日弁連の弁護士さんを紹介してもらって、事故でなくても電話で法律相談が出来るという優れたサービスで、法律が身近になった最近では嬉しいサービスです。
そして保険料が、車対車限定タイプの車両保険、自損事故には対応できないだけになり、その他は一般型と同じになります。
そしてその保険料が73660円になり、車両保険の金額が290万円になっているので安心することができるでしょう。
ロードサービスは自動付帯になっていて、その内容は、レッカー移動や修理、それに宿泊施設や帰りの交通手段などを案内してくれます。
このサービスは、高速道路などでのトラブルには非常に有効で、このサービスがあることによって安心感を与えてくれるのです。
このサービスも気に入ったので、既契約の更新時に富士火災の自動車保険に乗り換えました。