割引もいっぱいの朝日火災に乗り換え

admin

割引率が高くて嬉しい

4 (3)

どんなにいい商品でも、高いとちょっと躊躇してしまったりするでしょう。
自動車保険だって同じです。
魅力的なサービス内容、補償内容でも、保険料が高いと家計の負担になってしまい結局乗り換える羽目になります。
なので保険料というのは大変重要になってくるでしょう。
もちろん保険料が全てではありません。
ですが重要なのは確かで、私はいろいろと比較した結果、朝日火災が自分にとって支払える範囲の保険料だということがわかりました。
運転者の年齢、運転者の範囲、新車、ノンフリート等級、電気自動車やハイブリッド、福祉車両などの割り引きが朝日火災にはあります。
特に福祉車両割引は3%と高く、車の購入時点で負担の大きい福祉車両を所有する人にとってとてもありがたい割引ではないでしょうか?
探してみるとその業者独自の割引があるかもしれません。
自分の条件によって選択できる割引が違うため、毎年見積もりをしてその年一番自分に合う保険を探す必要があるのです。

納得の乗り換えプラン

027 (3)

私は現在46歳のゴールド免許所有者、ノンフリート等級は20等級で、我が家では私だけが愛車のスズキエスクード(年式平成20年)に乗っています。
そのため運転者を私だけに限定できるため、年齢の条件も35歳以上補償をつけました。
対人対物賠償は無制限にして、対物超過もつけ、人身傷害は3000万円です。
登場者傷害は10万円、車両保険は一般で165万円、無保険車傷害特約、弁護士費用等補償特約、地震がいつ起こるかわかりませんので地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約、車両全損時臨時費用補償特約をつけました。
その結果1年で69530円の保険料になります。
毎年走行距離は5500kmくらいで、あまり頻繁に乗らないのでこれくらいで大丈夫でしょう。
見積もり結果に安心し、予定よりも大幅に安かったためそのまま朝日火災へ連絡、乗り換えました。
これからまた家族が運転することになったりしたら、プランを見直したいと思います。