サポート体制が整っているAIU保険に自動車保険を乗り換えました

admin

AIU保険のサポート体制

ID-100123704AIU保険のことは自動車保険のみならず、火災保険や海外旅行保険、それに医療などの保険も揃っている総合保険会社といって良いでしょう。
自動車事故の場合は損害サービスセンターに、ロードサービスの場合はドライブインサービスとそれぞれの拠点を持っていて、火災事故や自然災害の時の保険関係はアーキテクトサービスに連絡したら良いことになっています。
外資系でありながら、戦後まもなくの営業開始で拠点網もかなり充実していて、自動車保険以外でも総合的にリスクをヘッジすることが出来るのです。
事故対応では、一事故一担当制で、示談締結保険金支払まで窓口は一本化されています。
これによって契約者と担当者の意思の疎通もうまくいき、事故処理も速く進むのではないでしょうか。
このように充実したサポート体制ならば安心できると判断して、AIU保険の代理店の電話をして自動車保険の見積もりを依頼したのです。

補償と保険料も気にいりました

ID-100148394私は40代の会社員で、車はトヨタのラクティスに乗っています。
平成18年登録の古い車で、型式はSCP100,ノンフリート等級は12等級でゴールド免許です。
家内も運転するので本人配偶者限定にして、運転者の年齢条件を35歳以上にしました。
AIU保険は対人と対物、そして人身傷害は自動付帯になっていて、車両保険は任意で加入することが出来、対人と対物は無制限にして、人身傷害は5000万円にしたのです。
この会社の人身傷害の良い点は、過失割合に関係なく総損害額の保険金が支払われ、例えば5000万円の総損害額の事故にあって、本人の過失が1割あったとします。
その場合相手からの損害賠償額は4500万円ですが、AIU保険の人身傷害は示談締結を待たないで総損害額の5000万円を支払ってくれます。
対人には交通弱者補償を付け、対物には対物超過修理費用特約を50万円を上限にセットして、人身傷害には定額式の傷害一時金、そして医療保険金支払に関する特約を2倍にする条件でセットしたのです。
この見積もりでの保険料は年払いで43060円になり、サポート体制も十分理解し、補償と保険料も気にいったのでAIU保険に乗り換えました。