一括見積サイトで見つけたAIU保険

admin

結婚前に中断していた自動車保険を復活

30歳になったばかりの地方に住むパートの兼業主婦です。
このたび、子供が保育園に入園し、毎日の送り迎えが必要になるため、自分用の車を購入することになりました。
主人の車は通勤で使っているので兼用できないからです。6 (7)
自分名義での車は初めてではなく、結婚前の若いころに加入していて、結婚を機にその当時のノンフリート等級10を凍結して、主人名義の夫婦限定にしていました。
なので中断証明書は所持していたのです。
車は日産ノートを購入し、保険は以前加入していた保険会社と現在主人が加入している保険会社に、対人対物無制限で弁護士特約や運転者夫婦限定を付けて、見積依頼したのですが、回答額はどちらも年間5万円を超えるものでした。
ちなみに、以前契約していた保険会社の中断復活契約で、52800円です。
車のローンもあるし、保育園の費用もあるしで、もう少し安くならないかと、インターネットで調べていたら、自動車保険の一括見積サイトというのを見つけました。

一括見積サイトで見つけた中断復活手続にも対応してくれるAIU保険

さっそく、使ってみたのですが、弁護士特約の選択もできず、見積結果が外資系の通販型ばかりで、電話して正式見積を取り寄せようとしたら、中断なので、見積は契約が条件になるというのです。
こういうややこしい事情があるので、やはり代理店型がいいかと思ったのですが、代理店型の保険会社の見積もりは届きませんでした。
その後も2サイトほど試したのですが、皆同じです。
そこで、比較サイトを眺めていたところ、価格比較で有名なサイトにも一括見積サイトがあったので、そこのサイトを使ってみることにしました。
弁護士特約の選択もできたので、特約のできない直販型はすべてスクリーニングできるという見積結果でした。15-2
結果上位は直販型が多かったのですが、そのなかで、8位だったのが外資ではありますが、代理店型のAIU保険です。
保険金額は51200円で、1600円ほどのコストダウンができます。
中断復活でも代理店型なら話ができると思い、さっそくそのサイト経由でAIU保険から代理店を紹介してもらいました。
見積が契約条件ということもなく、仮見積では足りなかった新車割引なども付けて、結果49800円になったのです。
中断の手続きも全て代理店が行ってくれ、しかも3000円も予定していた額よりも安価になりました。