あいおいニッセイ同和損保のメリット

admin

事故に合った時の気持ちを重視してくれる保険

運転する人は誰でも、事故なんて合いたくありませんよね。
しかし、自分に非があろうとなかろうと、事故は突然降りかかってくるものです。GL065_L
私の場合もそうでした。
35歳になった私は車の運転を始めて10年以上、幸い大きな事故は起こさずやってきました。
免許証もゴールドになり、自分は事故には縁がない、なんて漠然と思っていたものです。
ところが・・・いつも買い物に行く道の途中で、初めての人身事故を起こしてしまいました。
若い男性が、わき道から自転車で飛び出してきたのです。
こちらの信号は青で、男性が信号無視でした。
男性に過失有りということで、保険もその過失分は払われなかったのですが、私の気持ちは複雑でした。
確かに男性の不注意が原因かもしれませんが、車をぶつけてしまったのは私も悪いはず。
しかし十分な保険金を男性に支払ってあげられないというのは、どうも気分がすっきりせず、なんとなく罪悪感が残りました。
そんな時、知ったのがあいおいニッセイ同和損保の対歩行者等傷害特約というものです。
これはまさに、私が遭遇したような人側に過失がある場合でも、相手の実際の損害額を補償するという特約でした。
これがあれば、きちんと治療費を保険金から支払えるし、こちらの気分もだいぶスッキリできるはずです。

見積もりをしよう

この特約が、料金もかからず自動付加されると聞き、保険を乗り換える決心をしました。ID-100183979
実際に見積もりをしてみると、7等級のデミオでゴールド免許、運転者は本人と配偶者限定にしました。
対人や対物補償は無制限で車両保険もつけて、年間66,780円となりました。
車両保険を付けてもこの安さというのは、正直驚きました。
それまでの保険が、10万円近くかかっていたからです。
交通弱者である人に対して事故を起こしてしまった時の、あの罪悪感を減らしてくれる特約もついて、さらに保険料も安くなるなら言うことなしでした。
もっと早く乗り換えていればよかったと思っています。