補償充実のあいおいニッセイ同和に乗り換え

admin

乗り換えした理由

b (38)私は岩手県在住の40代の会社員ですが、今回の自動車保険の更新であいおいニッセイ同和の自動車保険に乗り換えしました。
補償が充実していて目立ちませんが自動付帯になっているお得な特約が多くあるのです。
そのような事から、代理店にお願いして自動車保険の見積もりをしました。

自動付帯が多くある補償

DK037_L乗っている車はトヨタのヴォクシー、型式はZRR75Gでゴールド免許で、ノンフリート等級は15等級で車両保険を付ける見積もりにしたのです。
私も家内も40代で運転者の条件は35歳以上、運転条件は本人配偶者限定にしました。
対人と対物は無制限で、そこに対物超過費用特約をオプションで付加して、事故の相手の車の時価を越えた修理費用を50万円まで補償するので、この問題で示談がうまくいかないといった事はなくなります。
また、対人では対人臨時費用特約によって葬式の時の参列の際の弔慰金等の臨時費用の名目で支給し、対歩行者等傷害特約は事故より相手を入院させた場合に、対人賠償責任保険で補償されない相手の過失部分に対しても補償してくれます。
この2つとも自動付帯になっているので安心できることでしょう。
人身傷害は車内外補償にして3,000万円、車両保険は保険金額が200万円で一般補償のタイプにしました。
これによって自損事故でも保険で賄う事が出来るし、車両価額協定保険特約が自動付帯されていて、保険期間中の経年減価するにもかかわらず、協定した価額を限度に保険金が支払われます。
また、全損時諸費用特約も自動付帯されていて、車両保険金額の10%または20万円限度に保険が支払われるのです。
他車運転特約が自動付帯され、保険料は80,710円の年払いになり、あいおいニッセイ同和に乗り換えしました。
あいおいニッセイ同和は自動付帯が多くあり、見た目は地味ですがじっくり検討すると保険料が割安であることが分かると思います。
そこに充実したロードサービスがついてくるので、お得感がよりいっそう増してくるといえます。