東京海上日動のトータルアシスト自動車保険で事故対応も次回更新もバッチリ!

admin

帰省の帰りに交通事故に遭遇

私は妻と小学生の子供がいる38歳の会社員です。
夏休みに埼玉県の自宅から秋田県にある実家まで帰省し、その帰り道に交通事故に遭遇してしまいました。
幸いけが人はなかったのですが、車の前方がひしゃげ、当たり所が悪かったのか全く動かなくなりました。
急いで加入している東京海上日動の事故現場アシストサービスに電話をかけました。
無料ですぐその場でどうすればいいかアドバイスをくれるとともに、修理工場の手配および24時間以内に事故対応の進捗について報告をくれるというサービスが受けられます。
ちなみに私が加入していた自動車保険の内容は次のようなものです。
対人・対物無制限、人身傷害(搭乗中のみ補償)3000円、搭乗者傷害20万円、車両保険は一般型で免責額は初回5万円、2回目以降は10万円で、車両無過失特約とおくるま搬送時選べる特約、レンタカー費用補償特約(日額5000円)を付保し、18等級、35歳以上補償、本人・配偶者限定、ゴールド免許で年間保険料は61160円です。
事故現場アシストサービスにより、修理工場へのレッカー移動と、自宅に帰宅するためのレンタカーを直ぐに手配してもらえました。
子供がまだ小さいですから、早急な対応に大変助けられました。

付けておいて良かった特約

さらに自動車保険で付保していた特約に大変助けられたのです。
まず、おくるま搬送時選べる特約をつけていたおかげで、レッカー費用が支払われ、レンタカー費用も日額5000円が補償されたので、かなり安く代替手段を確保することができました。
実は加入する際には付けるか迷ったんです。
妻からはそんな特約は使わないから付保せずに、保険料を安くしたほうがいいと言われました。
確かに付保しなければ8040円保険料が安くなったんです。
しかし、何となく気になって付けたところ、今回、5000円のレンタカー費用と9100円のレッカー移動費用が支払われ、少しですが得をしました。
また、車両無過失特約を付保していたおかげで、翌年の等級ダウンを防ぐことができました。
これも保険料はわずか690円でしたから、等級ダウンにより8000円ほど保険料が上がるのを防ぐことができたんです。