横滑り防止装置

admin

横滑り防止装置はESCとも呼ばれており、アクティブセーフティという事故を未然に防ぐ予防安全技術により、急なハンドル操作や雨の日や冬場の凍結路面など滑りやすい路面において、車両の横滑りを感知した際に自動的にバランスをとって車の進行方向を保たせる装置です。
車両に自動的にブレーキを利かせることで、ハンドル操作ミスやスリップによる事故の防止に努めます。
この装置がついた車はついていない車に比べると、事故を起こすリスクが低いといえるため、自動車保険料の割引が受けられることがあります。

あわせて知っておきたい用語