対物賠償料率クラス

admin

対物賠償料率クラスとは自家用普通自動車や自家用の軽自動車の過去の事故の実績に基づいて自動車の型式ごとに決定される保険料区分のことを言います。
つまりその区分によって保険料が決まってきます。
この区分は保険の種類ごとに分かれていて、対人賠償や搭乗者傷害にも区分があります。
クラスは1から9までのクラスがあり、数字が大きいほど保険料の設定が高くなります。
同じ車種であってもクラスが違えば保険料も違ってきます。
そしてそのクラスは1年ごとの更新されるのです。

あわせて知っておきたい用語