リスク細分型自動車保険

admin

リスク細分型自動車保険とは運転される方や保険の対象となるお車、運転の状況に応じて事故のリスクを細かくわけ、リスクに応じた保険料を設定するものです。
リスクは年齢や地域、免許の色、運転する人の範囲、年間走行距離、利用目的などによって分けられます。
たとえば、35歳以上、ゴールド免許、運転者は本人1人のみ、年間走行距離は3000キロ未満と短く、日常・レジャー目的と運転頻度も少なく、事故の少ない地域であれば、保険料は安くなるでしょう。
逆に20歳未満の初心者ドライバーなどの場合はかえって保険料が高くなることもあるかもしれません。

あわせて知っておきたい用語