チューリッヒで安心の見積もりで充実補償

admin

人身傷害はどうする?

ID-100260857人身傷害保険の保険金額や、補償の範囲をどうするべきか迷ってしまう人も多いでしょう。
保険金額は低めに設定している人も多いと思います。
もちろんあまり乗らない方や、保険料を安くしなければいけない方は低めに設定してしまうでしょうが、もし少しでも余裕があるのなら、1億円を設定しておいた方がよいです。
なぜなら損害額を合わせていくと、1億円ほどになることは珍しいことではありません。
チューリッヒでも保険金額を3,000万円~1億円、無制限と設定できます。
死亡してしまったり後遺障害を患ってしまった場合、総損害額は1億円近くなることも多いですが、もしも3,000万円に設定していたら、保険金は3,000万円しか受け取ることができないのです。
それではこれからの人生、また残された家族に大きな負担がかかってしまうでしょう。
低めに設定して保険料を抑えることも魅力的ですが、保険は万が一の時の「安心」のために加入するものだと私は思うので、1億円を設定しました。
チューリッヒでも1億円を設定することを勧めています。
もう一度よく考えて、保険金額を見直してみてください。

保険金額を充実させて

057今回初めての見積もり体験です。
初めての自動車保険加入となりますから、手厚い補償にしておく必要があります。
乗っている車はトヨタのヴォクシーで、グリーン免許、ノンフリート等級は6等級からのスタートとなりました。
対人賠償・対物賠償を無制限に、対物超過特約もセットして見積もりです。
人身傷害保険は保険金額を1億円、搭乗者傷害保険を部位・症状別でセットし、死亡後遺障害保険金もセットしています。
車両保険は一般条件のワイドカバー型、保険金額は充実の255万円、免責金額を1回目の事故では5万円、2回目以降の事故では10万円にしました。
代車提供特約と弁護士費用特約などその他の補償を付けて、保険料は年間で584,850円という見積もり結果となり、60万円を予定していたので安心して加入できて安心です。