保険料、事故対応、ロードサービスの3つの要素でチューリッヒの見積りをした

admin

割引が多く、事故対応が良くてサービスが良いチューリッヒ

私はホンダのフィットに乗っている50代の会社員ですが、来月自動車保険の更新を迎えます。ID-100207839
保険料が安くて、事故対応が良く、ロードサービスが良い自動車保険は無いものかと探していたところ、外資系のチューリッヒに興味を持ちました。
初年度契約すると、ネット割が最大12000円もあり、証券を発行しないと500円、45日前に申込をする派や割りで500円、それのゴールド割引など7つの割引があって保険料が安くなりそうです。
事故対応は、外資系でありながら代理店方式もネットで直接契約を選択することが出来ます。
事故を起こした場合、代理店を経由した契約は代理店に連絡したら良いし、直接ネット経由なら緊急ケアデスクに連絡してください、専門のスタッフが事故受付と初期対応をしてくれるのです。
そしてチューリッヒの契約者全員に自動付帯するロードサービスは、簡単な修理はもちろん無料、レッカー移動は100キロまで無料、自己で宿泊した時は搭乗者全員の宿泊費と帰宅交通費、そしてペットがいたらその宿泊費用も賄ってくれ、修理後の搬送費用は無料、どうしても目的地に行くならば到着費用を、ホテルなどをキャンセルする場合はキャンセル費用を補償してくれる、私が知る限り最強のロードサービスではないでしょうか。
そこでチューリッヒで見積もりしてみました。

保険料も安いチューリッヒ

19 (18)フィットの型式はGD3で14等級のゴールド免許になり、30歳以上にして本人配偶者限定です。
対人と対物は無制限にして人身傷害が契約車両に搭乗中のみで3000万円にして、搭乗車傷害が1000万円、そこに無保険車傷害が2億円をセットしました。
車両保険は、既契約も付けていなかったので付加しません。
搭乗者傷害は人身傷害の上乗せ的な補償で定額式になっていて,その支払は早いと言えます。
無保険車障害は日本のくるまの約3割が無保険と言うことを考えると外せない補償です。
これらの補償で保険料が年払いで21430円になり、とても気にいったので更新する時はチューリッヒに乗り換えします。