一括見積サイト経由で見つけたチューリッヒのスーパー自動車保険

admin

土日留守電の代理店の保険に入ってしまった

トヨタパッソに乗っている地方の工場に勤める28歳OLです。FW073_L
車に乗って3年目で、現在ノンフリート等級8、運転者本人限定割引に26歳未満不担保で、対人対物無制限で、免責ゼロの車両保険を付けて年額122800円を払っています。
車を購入した中古車販売店経由で保険に加入しました。
後でわかったことですが、その販売店は2次店で、契約は別な住所の不動産会社が代理店を兼業するというものだったのです。
今回、初めて事故にあい、休日だったこともあり、その代理店に電話しても留守電で、中古車店に電話しても、こちらは受け付けていないの一辺倒でした。
やむなく、損保会社に電話すると、コールセンターから事故処理についてアドバイスがあるだけだったのです。
事故の内容は相手の急な車線変更で、現場検証した警察官の方によれば、私のほうは違反はなしですが、ともに車が動いているときの事故なので、比率は悪くても8対2ぐらいだろうと言ってました。
しかし相手方の保険代理店と損保会社は事故現場に急行してきたのです。
結果は7対3で、こちらが8万円ほどの負担でした。
ところが私の損保会社から自己負担すれば、翌年等級は落ちないので、2年で元が取れますというのです。
で、仕方なく不本意ではありますが8万円を自己負担しました。
私の代理店か損保会社が現場にきてくれれば、8対2になって負担も53000円ぐらいになったはずです。
そして、今回更新時期が近づき、代理店から等級が9になった新たな見積もり、年額109600円が届きました。
見積もりと保険金徴収するだけかという思いがあったので、損保会社を替えることを決意したのです。

一括見積サイトで見つけた割引の多いチューリッヒの自動車保険

ただ、保険会社との付き合いがないだけに、どこにしていいのかわかりません。
それで同僚からネット上の自動車保険の一括見積サイトを使ってみればと薦められました。8-3
使ったのは、価格の比較では超メジャーなサイトです。
現行の補償内容とイコールになるように必要事項を入力すると、翌日には8社ほど見積もりが返ってきました。
その中で、土日祭日でも対応してくれる保険会社という条件のもと、一番安かったのがチューリッヒのスーパー自動車保険です。
車両保険を付けても年額88200円というもので、2万円以上も安かったのです。
さらに、本見積りを依頼すると、チューリッヒから電話が来て、45日前までの早割や証券不要の場合の割引をお付けしたいと電話がありました。
それでさらに1000円安くなったのです。
良心的な保険会社に巡り合えて本当に良かったです。