自動車保険を安くしたい時は一度ソニー損保で見積もりを

admin

22 (1)

車があると自分で好きな時に出かけられるし、友達と乗り合わせてドライブに行ったり、子供の頃は車を持つことが大人の条件みたいに思っていましたが、車を維持していくには、お金がかかります。
購入する時はもちろん大金ですし、税金、車検の費用、任意保険等の維持費用がバカになりません。
車検は、新車で買えば初年度3年、その後は2年に1度で、それほど負担に感じませんが、任意保険は1年更新ですから、維持費用のかなりの部分を占めます。
車の保持者に義務付けられている強制保険とは違い、補いきれない部分を賄ってくれる保険で、安心のために加入している方がほとんどだと思いますが、必ず入らないといけないものではありませんし、運転者の年齢が若いと事故率が高くなるので、補償をきちんとできるように保険の金額も高くなります。
我が家でも24歳になる娘の保険料がかなり高いと感じていたのですが、見直すこともせず毎年同じ所で契約の更新をしていて、少しでも安くならないかと、一度保険料の見直しをすることにしました。

ID-100261675

そこで、コマーシャルでもよく見かけるソニー損保で見積もりをすることにしました。
娘の車は軽自動車で、排気量は0.65L、使用目的は通勤・通学、免許証の種類(色)はブルー、ノンフリート12等級44%割引あり、21歳以上の補償です。
補償の内容としては、対人対物は無制限、人身5千万円、単独、当て逃げなどの補償をつけ、さらに法律相談費用補償特約(弁護士費用)、事故をしたときの車両搬送費用特約を付けて月々8、590円、年間で、103,080円です。
ソニー損保での見積もりでは、現在と同じ補償プラス、おりても特約といって、出かけた先でのケガや外出先で持ち物が壊れたり、人にけがをさせた時などに補償を受けられる特約を付けて、52,000円から57,000円でとてもも安くなりました。
ソニー損保ではインターネットで契約をすると継続時でも8,000円の割引きも受けられますし、何より加入した後のサポートも充実しているので、とてもいいと感じています。