申し込みがカンタンでお得なソニー損保で見積もりを

admin

ソニー損保を選んだ理由

a1180_007416

来月から仕事場が公共交通機関では行きにくい場所に移動することになったため、車通勤をすることになりました。
そこで任意保険に入ろうと考え、ソニー損保に見積もりを依頼したのです。
なぜソニー損保を選んだのかというと、まずインターネットだけで見積もりが出せ、契約などもインターネットで完結することが挙げられます。
仕事が忙しい時期に、保険屋さんと面と向かってじっくりお話して決めるというのはちょっと難しいですからね。
これは大きなメリットです。
また、利用距離に応じて細かく金額が設定されているのも魅力的でした。
ほぼ通勤のみに利用するため、さほど長い距離は走りません。
そのぶん安くなるのであれば、そのほうがいいのは当然です。
距離区分も最初の方は2,000~3,000kmごとと細かめに区切ってあり、大雑把な分け方よりきっちりと割り引いてくれそうなのもポイントでした。
サービス面でもソニーという大きなブランドであるため、不安はありません。
サービス拠点が全国に約9,000箇所あるとのことで、充分であると判断しました。

具体的な見積内容はいかに

008 (4)

まず、運転者は契約者であるわたし自身で、27歳の会社員です。
免許はブルー免許で、年齢条件は26歳以上補償としました。
完全に自分専用の車であるので、運転者は本人に限定です。
ノンフリート等級は保険乗り換えではないので最下層レベルの6C等級でした。
年齢によってアルファベットの部分が変わるようです。
車は通勤に使えればいいやってことで軽自動車の中古車を用意しました。
平成18年もののスズキアルト(HA24S)です。
使用目的は通勤ですが、通勤は業務用とはみなされません。
いわゆる商用車というやつが業務用となるのです。
よってわたしの場合は使用目的は家庭用となります。
契約距離区分は、通勤距離にプラスアルファを考え、5,000km以内としました。
仮に距離区分を超えて走っていて事故っても、超過分の保険料を払えばきちんと補償してくれるようなので安心です。
これらの条件で出てきた見積もりで最安値は37,840円でした。
補償内容は対人、対物無制限、人身傷害は一人あたり3,000万円で車両保険はなし、その他特約もお金がかかるものはなしというプランですが、これで充分です。
等級が最下級からのスタートなのでもっと大変な金額になるのではと想像していましたが、この金額ならば納得です。
余った予算で何かカー用品をつけようと思います。