16等級メルセデスベンツをソニー損保で見積もりをしてみる!

admin

自動車の任意保険は、補償金額も保険料も幅広く、選択に困ると言う方も多いのではないでしょうか?
私もその一人で、今まではディーラーに勧められるままに、自動車保険に加入してきました。
しかし、同じような時期に似たような車種を購入した一つ年下の妹の、自動車保険料を聞いてびっくりしていまいました。
我が家よりもずっと安かったからです。
家族構成も、使用目的も、年齢も殆どかわらないのに、そんなに安い保険があるとは、早く調べておくべきでした。
妹が契約している保険会社はソニー損保と聞いて、さっそくWEBで無料見積もりを体験しました。
条件は、16等級、今まで一度も事故はなく、車種は2012年4月に購入したメルセデスベンツセダンCLS350です。
1年間に5000キロ以下の走行で、運転するのは主人と38歳の妻である私、ゴールド免許所有です。
奮発して買った憧れのメルセデスなので、車両保険を付けました。
その条件で見積もりを取ったところ、3つのプランが提示されました。
対人対物が無制限保証、人身補償車内3000万円、車両保険535万円が含まれたベーシックプランと、加えて自動車事故弁護士費用特約が含まれたプラン、さらに車を降りてからのケガにも対応できる「おりても特約」が入っているプランです。
我が家は、生命保険や傷害保険に充分な金額をかけているので、「おりても特約」は不要と考えました。
一方で自動車事故弁護士費用の補償は、ぜひ付けたいと考えました。
事故が起こったら、煩雑な手続きになることも少なくないと聞きます。
弁護士を雇うような事故なら、なおさら精神的にも、負担となることは間違いありません。
そんな時に、弁護士費用の心配をするのは負担を増加させると考えたからです。
よって我が家は、自動車事故弁護士費用特約を付けた、年間92900円のプランがあっていると考えました。
インターネット割引8000円、ゴールド免許割引、本人・配偶者限定割引、新車割引、ペーパーレス割引500円が含まれた金額です。
以前の保険より、2万円ほど安い金額です。
さっそく主人にも相談し契約を検討したいと思います。