業務用でもリーズナブル!ソニー損保の見積もり

admin

0-73 (2)

私は実家の家業を継ぎ、食料品の卸売業をしています。
といっても妻が経理と多少の手伝いをする程度で、ほぼ自分1人の小規模経営ですから、ほぼ毎日、私の運転で仕入れや馴染の小売店への商品納入でワゴン車を運転しているんです。
そのため自分や家族、車の万が一を守ってくれる自動車保険は必須アイテムといえるでしょう。
車が壊れて買い直せなければ商売になりませんし、自営業なので自分に万が一のことがあれば、家族の生活が成り立たなくなります。
もっとも、必須アイテムだからこそ、毎年の経費は抑えたいというのがあり、ソニー損保で見積もりをすることにしました。
見積もり条件はトヨタのハイエース、19等級、ゴールド免許、業務使用、運転者は本人限定、30歳以上です。
補償内容としては対人対物無制限、車両保険は一般型で保険金額200万円、免責額は5万、10万円に設定しました。
迷ったのが自分の補償です。
これまでは保険代理店の方のおすすめで8000万円を付けていたのですが、金額は足りているのでしょうか。

3 (12)

我が家は1000万円の収入で商売をし、妻と2人の子供を養っています。
自営業のため保険金の金額は基本多めに設定しているのですが、今回、ソニー損保での見積もりにあたり、必要保障額を改めて算定してみました。
すると、45歳でこの条件の場合、11314万円が必要で、おすすめの補償額は1億2000万円と提示されたのです。
最初に試算したプランは標準プランで人身傷害が3000万円ついて、年間保険料は54810円でした。
これを1億2000万円と4倍にアップさせたら、どれだけ保険料が上がるのかと恐る恐る試したところ、どうなったと思いますか?
なんと、56380円です。
わずか1490円のアップでこんなに大きな補償が手に入るんですね。
必要保障額も分かって安心しましたし、年間60000円を切る保険料で欲しかった補償が全て手に入ると分かったので、ここで決めようと思います。
証券レス割引500円も適用され、お得感があるのも決め手だったかもしれません。