ソニー損保の見積もりで家族への安心をアップ

admin

16 (11)

僕は神奈川県在住の25歳のサラリーマンで既に結婚しています。
昨年、子供も産まれて若きパパです。
子供が1歳になってからはマイカーで出かける機会も多くなりました。
通勤は電車ですが、子供がいると電車でのレジャーは大変なので、何処に行くにもマイカーで新潟の実家までも年に二度往復することになりそうです。
子供を乗せる機会が増えたことで父親としての責任感も増し、自動車保険の更新の機会に内容を見直そうと思いました。
これまでは保険料を安くするために、人身傷害は最低限の3000万円しかかけていなかったのです。
ですが、見積もりで試算したところ、妻と子供の2人を扶養し年収350万円だと、必要保障額は7745万円、約8000万円も要ることが分かりました。
もっとも、保険料の大幅アップは困るので、安いと評判のソニー損保で見積もりをすることにしたのです。
条件はトヨタのウィッシュ、12等級、ゴールド免許、家庭用目的、本人限定、走行距離は7000キロ以下を選択しました。

0-43

まだ25歳のため、年齢条件の設定が26歳以上が選べず、21歳以上補償となってしまうため、人身傷害を2倍以上にアップさせると、かなり保険料が高くなるのではという不安がありました。
まだ年収も少ないですし、これから子育てにお金もかかるので、あまり高すぎても困ります。
かといって、万が一の時に妻と子供を路頭に迷わせるわけにもいきません。
自分の中で葛藤しつつ、見積もりの試算結果を見てビックリです。
対人対物無制限、車両保険は一般型で保険金額は220万円の免責金額が5万、10万円で設定しました。
当初、これまで通りの人身傷害3000万円で試算したところ、年間保険料は96180円だったのです。
人身傷害を8000万円にしたら10万円を超えるかな、それは辛いなと思った所、実際には保険料は97940円ではありませんか。
証券レス割引500円の影響もありますが、ソニー損保はやはり安いんだと実感し、これで家族への責任が果たせると嬉しくなりました。