一括見積もりサイトで選んだソニー損保

admin

車をヴォクシーに乗り換えたら保険料大幅値上げ

GR025_L家族も増えたこともあり、今まで乗っていたトヨタヴィッツからトヨタヴォクシーに乗り換えました。
今回、35歳になったこともあり、35歳未満不担保となるということで、保険も安くなるんだろうなと期待していたところ、その見積もりを見て驚嘆、なんと大幅に高くなってしまったのです。
ノンフリート等級は18で、対人対物などが賠償無制限、車両保険の免責なしに下のですが、保険料が75,200円もしたのです。
今までは等級17、26歳未満不担保で28,300円でしたから、5万円近くも高くなりました。
ディーラーに聞いたところ、ヴィッツは料率1ですがヴォクシーは料率5ということで、その分高くなるんだそうです。
ディーラーからは、車両保険に免責を付けるとか、賠償を減らすなどを薦められましたが、それでは保険の意味がありません。

一括見積もりサイトでソニー損保を選ぶ

DK200_Lそれで、インターネット上にある一括見積もりサイトを使ってみました。
自分の等級や年齢、車の型式などを入力すると、48時間以内には、10社近くの見積もりがメールで送られてきたのです。
その上位の殆どはいわゆる通販型と呼ばれるものでした。
今まではディーラーとはいえ代理店型だったので、ちょっと不安もあり、友人知人に相談したところ、数人が通販型の自動車保険を使っており、皆からのアドバイスは、心配なら弁護士特約をつければ、というものだったのです。
それで、上位3社ほど、フリーコールで、弁護士特約について電話したところ、2社はこちらの質問に答える前に、ネット入力での内容をまた聞いてきたのですが、ソニー損保だけは、まずはこちらの疑問に答えるという対応でした。
弁護士特約もお付けできます、ということで、即決、ソニー損保に決めました。
電話でも申し込めるということだったのですが、インターネットからならネット割りの8,000円引きがあるので、それを使うよう薦められ、わからないことがあればいつでもお電話くださいとのことでした。
その結果、保険料は賠償条件や免責条件はそのままで、52,200円になったのです。
おかげで25,000円近くも浮いてしまいました。