同僚からのすすめのソニー損保の見積もりにトライ

admin

自動車保険の更新案内が届きました。
会社の同僚が自動車事故で保険のお世話になった時に、ソニー損保の対応がよかったとよく話していたので、今度の更新時にはソニー損保の候補の一つにいれようと考えていました。
自動車保険の決め手となるのはやはり、事故対応力だと思っています。
事故対応がいくらよくても、保険料があまりにも高ければ、検討も躊躇してしまいますよね。
契約件数が多く、クチコミが高評価なようでしたので、あとは保険料はどの位なのか、現在加入している大手損害保険会社と比べてどのくらいの差があるのか、実際に見積もりをしてみる事にしたんです。
自動車保険の事はそれほど詳しくないので、自分で果たして見積もりができるのだろうか?
と思いインターネットではなく、電話での見積もり依頼を、と思っていたところインターネット経由だと8000円引きだという事を知りました。
そうです、この金額は侮れません。
一度、チャレンジしてみる価値は十分にあるので、一括サイトを経由して試みてみました。

3年前に新車で購入したウイッシュが今回の保険対象の車。
運転者は今までは35歳以上の妻と私のみが乗れるような限定にしていたのですが、近くに住む嫁いだ娘がうちに来た際にかねがね、私の車に乗りたいと言っていたので、この娘も補償範囲に今回いれてみる事にしました。
別居の娘は結婚している場合、家族限定でなく運転者を限定しないを選ばないといけません。
そして、同居の家族以外は年齢条件は関係がないので、娘が25歳でも運転者の年齢条件は、35歳のままで大丈夫。
これらの事も知識があった訳ではなく、どれを選べばいいのか詳しい解説があるので、迷う事なく選ぶ事ができました。
それから次回の等級17等級を入力、それだけの情報があれば入力完了です。
補償内容は対人対人無制限で人身傷害を3000万円というオーソドックスな基本補償、もしくは特約をつけた補償等表示されます。
私は今までもオーソドックスな補償タイプだったので、同じ様に選択します。
そしていよいよ、肝心の保険料ですが、車両保険をオール補償の一般型にしても、51640円。
現在よりかなり割安な結果に大満足です。
会社の信頼も、保険料の安さも、私にとって大事な2つの要素を兼ね備えている保険会社なので、ソニー損保で契約する事にしました。