ソニー損保の見積もりでお得なカーライフ

admin

ソニー損保は走行距離区分が魅力

003 (4)

わたしは30代の会社員です。
景気が上向いてきたとはいえ、まだまだわたしに恩恵がくるような状態でもないので、なるべく節約をしようと自動車保険の乗り換えを思いつきました。
最近ではインターネットから申しこめば割引をしてくれる保険会社があると聞いたので、見積もりはそのうちの一つであるソニー損保でお願いしてみたのです。
ソニー損保を選んだのにはいくつか理由があります。
まずはインターネット割引が8,000円と比較的多いこと、そして走行距離に応じた契約があることです。
会社員ですが勤務先は公共交通機関でじゅうぶん通える位置にあるため、あまり車を走らせる機会はありません。
週末に買い物やレジャーに出かけるといった用途が主なので、走行距離区分があるこちらの保険を選びました。
万が一走行距離をオーバーしても差額の保険料を払えばよく、きちんと補償はされるという点も安心感があります。

見積もり結果は満足の価格

22 (5)

保険をかける車は初度登録年月平成22年1月のホンダ・フィットです。
うちは運転免許を持っているのは37歳のわたしだけなので、運転者を本人限定、30歳以上補償としました。
とくに他人に貸す予定もありませんし、問題ないでしょう。
使用目的は前述したように家庭用です。
契約距離区分は悩みましたが5,000km以下としました。
郊外の大型ショッピングセンターへ買い物へ行くことがけっこうあるので、少し余裕をもたせた契約にしています。
幸い、今まで保険のお世話になるような事故を起こしていないためノンフリート等級は20等級です。
車両保険はつけないことにしました。
事故ったらすぐ車を新調しないと身動きがとれないような地域ではないので、万が一が起こっても購入資金が工面できるまで待てばいいという考えです。
これらの条件で見積もりをとった結果、17,210円という結果が出ました。
これは対人、対物無制限で人身傷害は一人あたり3,000万円という内容です。
いままでより1万円くらい安くなっており、びっくりしました。
これに弁護士特約をつけると18,780円となります。
面倒事はなるべく他人に任せたいので、契約するならこちらにしようかと思っています。