お得なソニー損保で見積もりをしました

admin

ソニー損保の見積もりをして見ました

3 (5)私の自動車保険も来月更新を迎えます。
これまでは知り合いの自動車屋さんが代理店をしている自動車保険に入っていましたが、3年前に購入した車に車両保険を付けたところかなり保険料が高かったのです。
私は普段この車は通勤には使っておらず、年間でも3000キロ走るか走らないかで、そんな事から保険料が走った分のソニー損保の自動車保険の見積もりをして見ました。
23年登録の、ホンダのステップワゴン、型式はRG1、ノンフリート等級は10等級でゴールド免許、私の年齢は38歳で、家内は32歳になり、運転者の条件は30歳以上にして本人配偶者限定にしました。
このように運転者を限定することによって、割引があるのです。
そして車両保険は、できれば一般条件で加入したいと思っていて、それは家内が運転するからで、車庫にこすったりすることがあると想像できます。

保険料が走る分だけでロードサービスが良いソニー損保

a0001_005945対人地帯物は無制限で、対物には自動的に対物超過費用特約がセットされるので得した気分になります。
この特約は今結構人気で、事故の相手方の時価を越えた修理費の面倒を50万円を限度に補償してくれる特約で、いざ、示談になったら効果を発揮するといえます。
人身傷害は車内のみで3,000万円、そして無保険車傷害が自動付帯されていて、車両保険は保険金が185万円で、初回の免責が5万円、二回目以降が10万円、事故時のレンタカー特約と身の回り品特約は付加しませんでした。
そこに他社運転特約が自動付帯して、インターネット割引8,000円と運転者限定割引、そしてゴールド免許割引、そしてペーパーレス割引500円が加味されて、保険料は58,720円の年払いです。
そこに、ソニーのロードサービスが、契約者には漏れなく付いているので、安心してドライブを楽しめます。
ソニー損保は走る分だけの保険料になるので、とてもお得感があり、このようなメリットを総合的に考えると、既契約の更新時期になったらソニー損保の自動車保険に乗り換えするつもりです。