事故対応が信頼できるソニー損保で見積もり

admin

事故対応が良い理由

b (55)48歳会社員、男です。
事故対応は自動車保険を選択する上で重要な要素です。
一般的に代理店型は事故対応が良くて、ネット通販型は事故対応が悪いといった図式ですが、必ずしもそうではありません。
事故対応が優れているネット通販の損害保険会社も多くあるのです。
例えばソニー損保の事故処理は初動の動きが迅速で、事故の報告を受けたら必要な連絡、例えば病院の手配や代車の手配など必要な連絡を迅速に行います。
マタイ時間以内に選任の担当者を決め、その担当者を中心に専門のスタッフでチームを作って事故処理から示談を担当し、事故処理に関してのインフォームドコンセントがしっかりしているのです。
そのようなことが気に入ってソニー損保の自動車保険を見積もってみました。
私の車は日産・セレナで型式がCNC25、ノンフリート等級が12等級、免許証の色がゴールド、運転者の年齢が30歳以上、本人配偶者限定で、車両保険は付けないで見積もりしてみました。
対人・対物無制限、対物を契約すると対物超過は自動付帯されています。
人身傷害が車内のみで3,000万円、無保険車傷害が無制限、他車運転特約が付加され保険料が年払いで20,380円になりました。
既契約の保険料よりかなり安くなるので驚いています。

保険料が安くてロードサービスが良い

b (61)ソニー損保といえば、走る分だけの保険料が人気になっています。
それでは、例えば年間3000キロ以内で申告していて5000キロ走ったら保険が利かなくなるかと言ったらそんなことはありません。
追加で、その分の保険料を支払えば良いだけです。
したがって、申告するときあまり慎重にならなくても良いのです。
それにロードサービスは非常に魅力的で、契約したら自動付帯なので契約者は誰でも利用することが出来ます。
現場で修理してくれるし、ガス欠やパンク時のスペアタイヤ交換、鍵の閉じ込めなど全て対応してくれるのです。
それに遠方で事故にあった場合、宿泊威容や帰りの交通費まで支給してくれます。
見積もりした結果保険料が安くなり、事故対応が良くて、ロードサービスがいいソニー損保で乗り換えします。