免責額ゼロでも安い!損保ジャパンの見積もり

admin

事故の時の保険金って大切

023

少し前に当て逃げにあい、自動車保険の車両保険で保険金を請求したことがあったんです。
修理費用は15万円ほどかかったのですが、免責額を10万円に設定していたため、もらえた保険金は5万円にしかなりません。
免責額を大きくすると保険料が大幅に安くなるので、その時はいいと思ったのですが、いざ事故がおきてみると失敗したかなと思ってしまいました。
そこで、今回の自動車保険の更新では免責額はなるべく低くしようと思いました。
できればゼロにしたいので、それでも保険料が安くなる保険会社を色々と探していたのです。
そんな中で目にとまったのが損保ジャパンでした。
これまでは保険料を安くするため、インターネット契約ができるダイレクト損保しか使ったことがありません。
ですが、ダイレクト損保では免責額のあり、なしでは大きく保険料が異なるため、試しにと初めて代理店契約の保険会社で見積もりをしてみたのです。
その結果、驚くべき嬉しい補償と出会えたのです。

安くて嬉しい充実の補償

050 (3)

見積もりの条件は車はトヨタのイストで、年齢は37歳、栃木県在住、等級は17、日常レジャー使用、ゴールド免許、運転者は本人配偶者限定で35歳以上補償を選択します。
エコノミープランと補償充実プランが選べたので、迷わず補償充実プランをセレクトしました。
もっとも、補償充実の内容はセレクトした時点では確認していません。
私の中で補償充実というと搭乗者の補償が厚く、車両保険は一般型で、様々な特約がつくイメージです。
免責額の設定までは期待していませんでした。
ところが試算結果を見てビックリです。
対人対物無制限に人身傷害5000万円、搭乗者傷害1000万円、車両保険は一般型で免責額はゼロだったのです。
あまり使わなそうな特約は付保されず、使えそうな特約だけがチョイスされていました。
これで保険料は80430円です。
事故に遭って10万円も損したわけですから、高いとは思いません。
むしろ、この安心でこの保険料は安いと喜んでいます。