ややこしい保険も損保ジャパンで見積もり

admin

ややこしい内容も損保ジャパンなら

1 (23)損保ジャパンではよくある質問で、しっかりと保険について学ぶことができます。
「こんな時って保険は適用されるの?」
「等級はどうなるの?」
といった疑問もすぐに解決できるでしょう。
自分の家を壊してしまったとき、対物賠償でなんとかできないのか、と思った人もいるかもしれませんが、契約者や家族の所有しているものなどは、補償の対象とはなりません。
もちろん車の方は車両保険でなんとかなりますが、そちらも保険料がもったいないから付けない、なんて考えている人もいるはずです。
事故にあった場合、相手が悪くても自分に少しでも過失があれば、その過失分は自分で何とかする必要があります。
そんな時にも車両保険は役立ちますので、別に必要ないと思っている方もきちんと付けておいたほうがよいでしょう。
また対人賠償・対物賠償を無制限にしておくこともオススメです。
車だけではなく価値のあるものを壊してしまったり、お店や道路の設備を壊してしまったら、設定している金額だけでは賄えない可能性はありますので、気をつけてください。

見積もり内容になっとく

q (4)損保ジャパンで見積もりした時の内容を紹介します。
まず私はグリーン免許、初めての契約で普通なら6等級からのスタートとなりますが、父親が既に20等級で自動車保険に加入しているため、7(S)等級からのスタートとなりました。
愛車はトヨタのヴェルファイア(型式GGH25W)です。
ヴェルファイアには私だけではなく、家族も乗ることがありますが、現在私が19歳で一番年齢が下なので、私に合わせて見積もりをします。
なので運転者家族限定、全年齢対象にしました。
対人賠償保険金額、対物賠償保険金額を無制限にして、対物全損時修理差額費用特約もつけ、人身傷害保険は5,000万円、搭乗者傷害特約は1,000万円です。
車両保険は車対車+Aで270万円、車両自己負担額は5-10万円になっています。
保険料は年間で357,990円、12回支払いにすると月々31,350円という見積もり結果になりました。