車が水没した後の見積もりを損保ジャパンで

admin

豪雨で車を失いました

car_rain

最近、異常気象の影響なのか全国各地で台風や竜巻、豪雨などの被害が相次いでいますね。
ニュースを目の当たりにして恐いなとは思っていましたが、まさか自分が被害に遭うとは思ってもいませんでした。
史上まれに見る豪雨により水災に遭い、自宅の庭にとめていた車が水没してしまったんです。
気づいた時には逃げようがなくて、大切な車を失ってしまいました。
僕は通勤に車を使っていたので、ほとほと困ってしまったのです。
3日ほどは後かたづけのため休暇をもらったものの、仕事の都合上、それ以上は休めません。
加入していた保険会社に連絡したところ、代車は出せるけれど費用がかかると言われました。
1日あたりけっこうな金額でしたので、30分家を早く出て新しい車を購入するまでバスで通っていたのです。
大変でしたし事故の調査や保険金の支払いも、予想に反してスムーズにいかず、新車の購入代金を得るまで苦労をしたんです。
そこで、新車の自動車保険は事故対応のしっかりしているところにしようと思い立ちました。

保険金をしっかり払ってくれるところへ

family_syunyu

近所の家では直ぐに保険金を受け取って、新しい車を購入した人もいたので、どこの保険会社に入っているのか聞いてみたのです。
そうしたら、損保ジャパンと言うではありませんか。
やっぱり大きな災害が起きた時は大手が心強いなと思い、見積もりしてみることにしました。
現在の条件は17等級なのですが台風被害での車両保険の保険金請求は1等級ダウン事故になるとのこと。
そこで、更新後は16等級になりました。
車はこれまでセダンでしたが、お手頃のマーチに買い替えています。
そのほかの条件は通勤使用、ゴールド免許、本人限定、現在32歳のため26歳以上補償です。
補償は対人対物を無制限で、人身傷害は3000万円、車両保険は一般型で免責額は初回5万、2回目以降10万円とします。
これまでは一律10万円でしたが、今回の請求で凝りました。
今回の件を教訓として、事故・故障の際に日額5000円、支払限度日数30日という代車費用特約も付けるべきでしょう。
その結果、保険料は90600円でした。
他に安い所もあるかもしれませんが、数千円程度の差は万が一の安心にはかえられません。