雪国の車の運転も安心!セコム損保で見積もり

admin

雪国だから補償はしっかり確保したい!

a1180_013040

私は40歳のサラリーマンで札幌在住です。
札幌の市街地は地下鉄が発達していますが、私は郊外に住んでいるため通勤には車が欠かせません。
冬場は寒いですから、移動にはマイカーが必須です。
愛車はトヨタのヴィッツですが、もちろん雪道にも強い4WDを選びました。
冬の雪道での運転は、北海道生まれ北海道育ちの道産子であっても、やはり毎日冷や冷やものです。
通勤時の路面凍結は特に恐いです。
それと昨年は猛吹雪の日が多く、視界不良で立ち往生した経験があります。
異常気象での大雪や吹雪はこれからも続くかもしれません。
万が一に備えて自動車保険の自分の補償はしっかり手当しなければいけないと思いました。
若い時は保険料が高かったので人身傷害3000万円でしたが、今は5000万円を付けています。
さらに今回の更新では搭乗者傷害を500万円プラスしようと考えています。
全損害が確定する前にスピーディーに治療費が受け取れると知ったからです。

保険料は安いのが助かる!

ID-10098705

もっとも、補償を厚くしても保険料はなるべく安く抑えたいのが本音です。
北海道って地方とはいえ、生活費がバカにならないからです。
札幌は物価も高いですし、とにかく冬場の燃料費がバカになりません。
それを考えると補償はアップさせても保険料の安いところがいいと思い、色々探しているとセコム損保に行きあたりました。
見積もり条件は18等級、通勤使用、ゴールド免許で35歳以上補償です。
セコム損保には年齢条件を選ぶ際にユニークな特約があり、高齢運転者対象外特約というのがあったのです。
これは35歳以上でも70歳以上の人は運転しないとすると、保険料が割引されるもので、運転は私だけですから付ける事にしました。
おすすめの補償内容は対人対物無制限、車両保険は一般型で免責額はゼロ、人身傷害3000万円に搭乗者傷害1000万円で保険料46400円というものです。
ですが、車両保険の免責額を一律5万円に引き上げ、人身傷害を5000万円に搭乗者傷害を500万円に設定すると保険料は39670円に大幅ダウンしました。
補償充実で納得の保険料を達成することができました。